sugimoto_t weblog

思ったこと、書きたいことを、ちょこちょこと書いていきます。

僕がカントを好きな理由

僕は、カントという哲学者が好きだ。

 

www.philosophyguides.org

 

厳密に言うと、僕は必ずしも哲学的・倫理学的・宗教的立場や考え方を完全に肯定しているわけではない。そういう意味では、厳格なカント主義者ではない。

でも、僕は、哲学というものは決して一部の研究者のものではなく、それは普通の人間の生きる支えになることも重要な役割だと思っている。

僕のカント理解はつまみ食いだし、不完全だ。でも、それでも構わない。少なくとも、僕はカントの言葉を生きる支えのひとつにしていることは間違いなんだから。

 

そう、僕が好きなカントの言葉は、例の定言命法。ベタだけど、それは広く受け入れられるているからベタなんだ。

 

第一の定言命法

「君は、君の行動原理が同時に普遍的な法則になることを欲することができるような行動原理だけにしたがって行為せよ」

(「君が行為するときに依拠する行動原理が、君の意志にしたがって、普遍的な自然法則となるかのように、行為せよ」)

 

第二の定言命法

「君は、みずからの人格と他のすべての人格のうちに存在する人間性を、いつでも、同時に目的として使用しなければならず、いかなる場合にもたんに手段として使用してはならない」

 

第三の定言命法

「みずからを普遍的に立法するものとみなすことのできるような意志の行動原理にしたがって行為せよ」

(君の採用する行動原理が、同時にすべての理性的な存在者の普遍法則となるように行為せよ)

 

カント(中山元訳)『道徳形而上学の基礎づけ』(光文社古典新訳文庫)より

 

 

どうだろう?

いまだに、これに優る道徳原理は、あるだろうか?

現在のきわめて洗練された倫理学の議論からすると、大カントの定言命法も問題点だらけかもしれない。でも、普通の人間が、普通に生きていく中で、これだけ簡潔でありながら、必要なことはすべて言っている道徳原理はそうはない。

 

一般に、カントの定言命法は、自らを律するための原理として受けとられがちだけど、これは同時に自分という人間がいかに尊厳のある存在であり、まただからこそそれにふさわしい扱いを受けることができる存在であることを認識するためのものでもある。

そのことは、第二の定言命法により率直に表現されている。

 

僕らの誰ひとりとして、どこかの誰かの、まして組織や共同体の手段やコマとして扱われてはならない。

誰かの欲求を満たすためのイジメの対象にされてもいけない。

性的欲求を満たす道具として扱われてもいけない。

企業の組織の一次的な利益のための道具にされてもいけない。

国家の威信を守るための捨て石にされてもいけない。・・・

 

やはり、本来的には、カントの定言命法は自らを律するためのものだと思う。

つまり、自分が他人を道具として扱ってはいけないことをルール化したものだと思う。

同時に、これは自分が不当に虐げられていると自覚した時、自分の尊厳を守るための主張の根拠にもなる。

もし自分が適当な都合あわせのコマにされていると感じたら、僕らはきちんとそれを主張することができる。

 

「僕は、あなたの道具じゃない」

そう主張することができるし、 そうしなければいけないんだ。