sugimoto_t weblog

思ったこと、書きたいことを、ちょこちょこと書いていきます。

そんなに怒らないで。

別に「いい人」ぶる気はないけど、僕は争いごとが嫌いだ。

 

幼稚園児の頃、母方の祖母の家に行くと、従兄弟もやって来ていた。彼らは、年子の男ふたり兄弟で、弟はたしか僕と同い年だった。

すると、彼らは突然殴り合いのケンカを始めた。

僕はひとりっ子なので、これがいわゆるケンカを目にする初めての経験だった。

僕は同世代の男の子の殴り合いを見て、ブルブル震えが止まらなかった。そして、その晩、熱を出した。

 

僕は、とにかく、いろいろな意味で「力」がぶつかり合う様子を見るのは嫌いだ。

 

だから、格闘技は嫌いだ。というか、スポーツは基本的にすべて嫌いだ。

肉弾戦ではないとしても、たとえばテニスのような一見スマートなスポーツも、その根底には強烈な闘志が存在している以上、やはり嫌いだ。

もちろん、高校野球もダメだ。

 

こんな僕なので、「北斗の拳」は見たことがない。「ドラゴンボール」だって、僕からしてみたら暴力的だ。

だから、子どもの頃は、ほとんど女の子向けのアニメを見ていた。

 

この性格は、今も変わっていない。

たとえば、会議でおじさんたちが怒鳴り合っているのも苦手だ。その場にいると、本当に生気を吸い取られる。

 

ネット上のやり取りも、見るものを注意深く選ばないと、本当にしんどい。

場所によっては、ものすごく強力な悪意と憎悪があふれているから。

 

最近は、僕みたいな人間のことを「ハイリー・センシティブ・パーソン」(Highly Sensitive Person)と言うらしい。

ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

 

「心理学や精神医学は、何でもレッテルをはる」と批判する人もいるけど、実際に何らかの症状や性格的な問題で苦労している人にとっては、自分の抱えている問題が明確になるだけでも気持ちがラクになるものだ。

 

ただ、そうはいうものの、レッテルをはったところで、生きづらさはあまり変わらない。

あいかわらず、社会や世間、また周囲の人間は、男には「強さ」を求める。

ささいなことで動揺してしまう自分のような人間は、基本的に「劣った人間」ということになる。

 

でも、そんな「劣った人間」である僕からすると、「そんなに、みんな、強がって生きていて大変じゃないの?」と思ってしまう。「なんで、みんな、そんなに闘いばかり求めるの?」と思う。

 

世の中には、闘わなければいけないものもある。

たとえば、人種差別などは、闘ってくれた人がいたから少しずつ小さなものになっていった。こういうものは、闘う価値があることだ。

しかし、しょうもない、小さなことで、みんなが怒りまくっているのが、僕にはまったく理解できない。

そんなことをしていたら、かえってカラダがもたないんじゃないかな。

 

だから、来年は、みんな、もっとのんびりと、やさしくなろう。

もう少し、いろいろ楽しい気持ちでいよう。