sugimoto_t weblog

思ったこと、書きたいことを、ちょこちょこと書いていきます。

迷っている

いつの間にか、また1つ、歳を取った。

 

若い時は歳をとることは喜びだったけど、いつの頃からか誕生日を迎えると、恐怖と不安と後悔を感じるようになった。

 

修証義の中に「徒に百歳生けらんは恨むべき日月なり」という言葉があるけど、「自分のこれまでの人生は『恨むべき日月』ではなかったか」と自問してしまう。

 

こんな話をすると、学生からは「辛気くさい」と言われる。実際、辛気くさい。

 

でも、そういう自虐的なところがあったからこそ、今まで何とかやってこれたのも事実。

 

そもそも、僕は「自分は間違いない」と確信しているような人が好きではない。というより、嫌いだ。

そういう人は、押し付けがましい。

 

少し「迷っている」人が好きだ。迷っている人は、他人を受け容れる余地がある。

かと言って、迷いすぎている人も嫌だ。やはり、見ていて、イライラしてしまう。

でも、これは同類嫌悪だと思う。

 

結局、何を言いたいのか、自分でもよくわからなくなってきたけど、この「よくわからない感じ」が、まさに今の自分なんだろうね。